前へ
次へ

弁護士法についての知識

弁護士法とは、弁護士制度が定める日本の法律のことです。昭和24年に制定されたこの法は、弁護士自治の原則に基づいています。その内容は、弁護士の使命や職務をはじめとし、資格、登録、権利義務、資格審査、懲戒などの事項があります。また、法律事務の取り扱いに関する取り締まりもあり、弁護士法人における法律事務の取り扱いも定めています。この弁護士法の事項の懲戒は、会則違反や非行があった弁護士および弁護士法人に対し適用されるものです。日本弁護士連合会の会則に反し、所属している弁護士会の秩序や信用を害した場合、職務内外とわず品位に欠けた非行があった際に懲戒を受けるシステムです。懲戒委員会の議会において議決で決まります。

Page Top