前へ
次へ

弁護士法について、ご紹介します。

弁護士法とは、1949年(昭和24年)に制定された法律であり、弁護士の職務・資格・登録や、弁護士会に関する事項を規定する弁護士制度の基本法です。無資格者の法律事務の取扱い禁止、弁護士・法律事務所の名称使用禁止などについても定められています。弁護士が依頼を受けて、紛争を解決しようとする場合、事実を立証するための資料収集は不可欠です。資料は、必ずしも依頼者が持っているとは限らず、資料を有していると考えられる官公庁や企業などの団体に対して、必要事項を照会することが必要となる場合もあります。弁護士には、その職務の公共性から、情報収集のための手段が認められており、弁護士法第23条の2にその旨が規定されています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

弁護士法は弁護士の資格要件を定めています

弁護士法は、弁護士になることができるのは司法試験に合格して司法修習を終えた者に限られることを定めています。その他にも弁護士としての欠格要件も定められており、司法試験に合格した人であっても、あるいは一度は弁護士として登録した人であっても、弁護士の資格を失うこともあるのです。したがって、弁護士として登録されている人であれば、法的な相談をする際は安心して頼りにすることができます。日弁連では弁護士を検索できるサイトを設けている他、名簿も公表していますので、そこに登録されている弁護士であれば、信頼して相談できる人ということになります。弁護士法は弁護士を保護している面もあって、弁護士の資格がない人の弁護士としての行為を禁止してます。

Page Top