前へ
次へ

弁護士と弁護士法について

弁護士は、数多くある国家資格の中でも非常に難易度の高い資格です。出身の学校にもよるとは思いますが、同級生に弁護士がいるというのも珍しいかもしれません。弁護士という資格を名乗ることは、弁護士法によって弁護士資格を有し、登録をしている人しか名乗ることができません。これは弁護士法72条に規定されています。また同法では弁護士にしかできない仕事が規定されています。弁護士でないものは、報酬を得る目的で訴訟事件、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱いまたはこれらの周旋をすることを業とすることができないと規定されています。したがって他の法律で規定される場合を除いてこれらの業務は弁護士にしかすることができないとされています。

Page Top